Pocket
LINEで送る

なんのことだか分からないですよね。すみません。

今週とある仕事の打ち合わせで某出版社に行きました。
私はそこの某漫画雑誌が大好きで、ひいきの漫画家さんも何人かいるんですが、
その出版社のサイトでその中で連載中の作品グッズが幾つか紹介されてました。

~中略~ というわけで打ち合わせの帰りはグッズ入りの手提げを手にすることになりましたとさ。。

ちなみにこの作品、数年前に携帯Flashゲームの企画を担当させてもらったこともあるんです。
企画の話が上がったとき、周りに原作を読んでるのが自分しかいなかったから半分押し付けられた形だったんですが、
作品中の特徴的なセリフをキーにしたミニゲームを企画したところ、原作者の先生が直々に(といっても事務所を通してですが)好意的なコメントを下さったこともある、個人的にとても思い入れのある作品だったりします。

何年かを経て別の形でまたこんなふとした接点があり、この仕事をしててよかったと思う一日なのでありました。