Pocket
LINEで送る

今日タワレコ吉祥寺店でおおはた雄一君のインストアを見たのだけど、いつもフリーで配布しているbounceを家に帰る途中読んで、Web版のbounceであるbounce.comの紹介が面白そうだったので早速アクセスしてみた。

その中で面白かったのが、最近カヒミカリイやUAとの活動でめっきり有名になった菊地成孔氏の連載。
編集担当が指定した3枚のCDを毎月レビューして売上枚数を予測する、っていうよく分からない企画なのだけど(例えばこんなの)、観点が普通のレビューとは一線を画していて思わず1回目から全部読んでしまった。

特に僕みたいにコンピューターでミックスとかやってる人にハマる記事が多い気がする。
逆に普通にリスナーやミュージシャンの人だと「何が面白い訳よ」ってなるかも知れない。