Pocket
LINEで送る

Yancy, Makiji and Allon
たまたま予定が空いたので、体調は良くなかったけれどAllonというNYから来ているアーティストのライブでYancyが演奏するというのでマルディグラへ。 Allonが誰なのか全く知らなかったけれど、ライブはいわゆるオルタナ系のポップス。現代版の後期ビートルズみたいと言えば分かるかな。ポップスと言いながらグランジな感じだったりエレクトロニカな雰囲気だったり曲のバリエーションは豊富。シンプルで短い曲ばかりながらかなり楽しめた。Allonのボーカルも心地よくて歌詞が分からなくても問題無し。

で、Allonのバックを努めたのがmoo-chiesだったマキジ(b)&ミヨ(ds)のコンビ+Yancy。
ライブ前にビックリしたのがYancyのセッティング。
写真の通りキーボードだらけ。しかもピアノは隠れてしまってる。聞くと今日は生ピアノなしだそうで。
何年か前はこういうセッティングでアナログシンセバリバリなライブもやっていたけれど、こういうYancyは久しぶり。これまた楽しみ。
このバックメンバーの演奏がこれまた気持ちよかった。
ベースはかなり歪ませていたけれど温かく太い音色でカッコイイ!。ドラムのミヨちゃんもこれぞ8ビートという感じ。いいなあ、このストレートさ。
そしてYancyは味付け程度にかなり抑えた演奏ながらおいしいところはかなり持って行った感じ。
大半が単音のリフで、ここぞという時に歪ませたエレピががつんと来る。Yancyメインのステージでは絶対見られないようなスタイル。

こういうライブ、というかバンドやってみたいなあと強く思わせる素敵なライブでした。
やっぱり体調悪かったから終わってすぐ帰ったけどね。