Pocket
LINEで送る

初めておおはた雄一君のライブに参加。
しかも一緒に演奏するのはクラムボンのドラム伊藤大助&トランペットにEgo Wrappin’等で活躍する島祐介という超強力メンバ?。 事前リハ無しの当日音合わせのみ、楽譜無し、というある意味厳しい条件だったけれど、やってみたら適度な緊張感でかなり楽しかった。

2?3曲の参加かなと思っていたら2ndステージ通しで参加になり、色んなタイプの曲もできたし。
何人かのお客さんの反応を聞く限りは好評だったようだし。
そもそも彼のライブでベースとドラムが両方入る事も珍しいので(クラムボンのミトさんが稀に入るくらいか?)、今日のお客さんは珍しいものが見られて運が良かったんじゃないだろうか。

ただ、反省点も色々。
おおはた君のリズム感にうまく乗れたかというと掴み切れる前にステージが終わってしまった気がするし、コード進行は間違えたし、もっと空気を広げられる演奏をしたかったところもあるし。。。

また機会があったら是非やってみたいです。