Pocket
LINEで送る

十数年ぶりに見に行った坂本龍一。
久々のバンドツアーで小山田圭吾も参加、っていうことでかなり楽しみにしてました(小山田圭吾が完全にギター小僧に徹していたのは意外だったなあ)。 どしょっぱつからYMOの曲やTIBETAN DANCEなんかが出てきて懐かしい気持ちになっているところで、オリジナルサントラに限りなく近い戦メリのテーマが。。。VJのチープ目な戦闘機の映像と相まって不思議な気分で楽しめたなあ。

その後もVJ映像がかなりカッコ良くて、そちらにかなり惹き付けられました。
途中はかなりアバンギャルドな曲で教授は延々とKAOSS PADでギュインギュインやるだけの曲とかあったり、歳はとっても相変わらずいたずら好きの少年のような部分は捨ててないですね。

ライブはとても楽しめたんだけれど、難点はといえば幾つかのボーカル曲の声が全部サンプリングだったことと、全体のテーストが完全にクラブな雰囲気なのにハコが大きすぎて空気が散ってしまう感じになっていたところかな。