Pocket
LINEで送る

TOYONO
11日のmueライブで対バンだったTOYONOさんのライブを見に行きました。
TOWER RECORDSの近くにこんなジャズの店(STRINGSのこと)があったのね。知らなかった。

で、お店に入るといきなり知った顔が。。
なんと興梠マリちゃんがスタッフをやってました。ビックリしたなあ。 TOYONO
もう1stステージが始まっていたのだけれど、TOYONOさんはゆったりしたMCを挟んで割と淡々と歌って行く感じ。
でも曲中の歌以外の部分になると、バックの3人はもう大暴れというのかどこまででも飛んで行くというのか、かなり自由なセッションになってました。
特にベースの八尋さんはリズムから音使いから叫び声まで、まさに縦横無尽な活躍っぷりでした。
それに比べると竹中さんのギターは11日に比べると地味目だった気がしないでもないかな。というかベースとパーカスに見せ場は任せていた感じか。してもTOYONOさんが言う通りとっても引き出しの多い方です、ホントに。
TOYONO with her band
TOYONOさんは、相変わらず余裕のある歌いっぷりと素敵な笑顔でした。
あの言ってみたらやんちゃなバックの上で、ボーカルフロントとしてバンドに乗っかって行くのは多分大変だと思うのだけど、好対照で良いバランスになってた気がします。
2ndステージではオリジナル曲も色々聞く事ができて、十分堪能できるライブでした。

mue/taro/mari
そしてライブが終わる頃には近くにいたmueも合流して、期せずしてマリひょんと3人で終電まで飲む事に。
意外な接点がつながって線になって、面白い夜になりました。