Pocket
LINEで送る

初めて生で見たLittle Creatures。
なんかやられたなあ。ああいうのありなんだなあ。
そういう印象。

POPさとマニアックさと言ったら良いのか、音楽を色んな人に聞いてもらうというのにはバランスの取り方もまた色々あると思うんだけれど、彼らのやり方は一つの極端な例なのかも。 MCがほとんどないとか、どこまでがどの曲かの明確な区切りも必要なのかどうかという曲の並びとか、キャッチーな曲をあえて外すセンスとか、どこまでいっても汗をかかないようなクールさとか。。。
なんでパルコ劇場なんだろう、というのがちょっと分かる気もする。

鈴木さんがベースでなく常にキーボードを弾いていたからというのも関係あるのかも知れない。
いわゆるリスナーがバンドのライブに求めるもの、という一般的なイメージからは程遠いステージだった。

ああ、好きにやって認めさせてしまえばいいんだなあ、という思いが強く残った。前にUAのツアーを時も思ったのだけど、そこでベースを弾いていたのが鈴木さんというのは偶然なのかつながっているのか。。。

とにかくなんだか不思議な体験だった。
そうそう、栗原さんのドラムはとにかくスンバラシかった。
あのスネアのサウンドやブラシ使いが、青柳さんの声と共にまさにLittle Creaturesのコアなんだと思った。

いやあ、頑張ろうっと。