Pocket
LINEで送る

mue with michishita photo by ryo-taka
ということで「みちしたの音楽」東京ツアーの最終日に参加させてもらったmueでした。

僕は基本的にPAを担当。
tico moonと合わせて3アーティストを楽しくことができました。 『みちしたの音楽』は、プロフィールをまんま引用させてもらえば下の様な感じです。
?大阪を拠点に活動するトランぺッタ?であ り作曲家でもある道下克己が、自らの音楽を表現するに足るミュージシャンを集めながら展開。
根幹にあるのはジャズだが、道下独自の手法により、誰もが感じるような美しさ、懐かしさが随所に聴こえてくる。?
もうその通り。
ボキャブラリーはジャズだけれどベースにある気持ちが違います。
あとトランペットやフリューゲルの奏法として僕はリップビブラートを使わないのが好み(なんせMiles好きなんで)なんだけど、その辺りもバッチリストライクゾーン。
mueの演奏にも参加してくれて、共演できました。渋くキメてくれましたよ。

tico moonも相変わらず素敵だったし、飛び入りした素(もと)のサトコさんも相変わらずエネルギッシュで素晴らしかったです。

初めてのハコでPAは一杯一杯だったけれど、ホントに素敵な夜でした。