Pocket
LINEで送る

チェロの橋本歩さんが参加するUAのライブに行ってきました。

もう何度となく見てるUAだけど、やっぱりつい10日ほど前に一緒にやった人が共演してるとなると見る目が変わります。
仕事で会場到着が40分も遅れてしまって、ああできれば最初から見たかった!

今回の編成はチューバがベース役、MOOG兼スチールパン、マリンバ兼シロフォン、マリンバ兼パーカス、ギターx2、そしてチェロ、という何とも初めて見る組み合わせ。
ライブの印象としては、何だろう生エレクトロニカという感じかな。 マリンバとか、スチールパンとか、時にカリンバとか、細かいモチーフがループしてる上で色んな音が交錯していって、その上で海の中の魚みたいにUAが泳ぎ回ります。
そして歩さんは時に低音、時にオブリ、時にソロ、はたまたノイズ、と活躍しまくりでした。素敵!カッコいい!

後印象的だったのは音の良さ。
この会場は初めてだったけれど、基本はクラッシクのホールで生音の空気が十分伝わって来て、それぞれの楽器の分離も良くて言うことなし。さすがZAKさんが音響を担当してるだけのことはあります。

で終わった後は何と楽屋に入れてもらって初めてUAと話すことができました!!!
ステージ用の派手目化粧だったけどやっぱり目の前の本人はアーティストオーラ漂う美しい人でした。
話はしなかったけどZAKさんにも会えて、歩さんに大感謝です。

その後は一緒に見に来ていた宮田まことさんとかちむつみさん、そして歩さんの4人で軽く(かな?)飲みました。
むつみさんは何年ぶりかで会って、ホントこんなところで会えるとは、という感じ。
面白かったのは宮田さん、むつみさん、歩さん、と3人とも最初に会ったきっかけはYANCYだったということ。
今はみんなYANCYを介さず会ってる訳で面白いもんです。

最後は岡本太郎話とケミストリー話?で盛り上がって、メチャクチャ疲れてた体も心も癒してくれる夜でした。