Pocket
LINEで送る

仕事と引越片付けの合間を縫って、久々にCharaを見に行きました。新ユニット結成ってことでmixiにて情報発見。
場所がO-Westってことで間近にいるCharaを見られた訳だけれど、イベント的には「?」が一杯。
まず何となく前座バンドの演奏がスタート。
シタールを弾きながら歌う不思議な女の子とキーボード兼タブラのよく分からない外人のユニット。そしてドラムに何故かCharaが。。。
MCなのかつぶやきなのか、相方との語りなのかよく分からない喋り方とステージングが少々苛立つ。
そしてギターのナゴシユキオさんの歌う1曲を挟んで本編スタート。 打ち込みメインで音響系な感じのバックにCharaの声が埋もれて響く感じ。
歌メインではないなあ。Charaがセンターでなく端にいることから「Chara対バック」ではなくユニットの一部としてのCharaの声、という感じか。
雰囲気は合っていたと思うし、静かなパートでの声のニュアンスなんかは素敵だったけれど、体を揺らして聞く感じでもないんでじっと立って聞いていること自体に疲れてしまったかも。
とにかく、ポップとかキャッチーとかいうキーワードからはかなり外れてたかな。
極端に言うとアンダーワールドとかクラフトワーク+ボーカルという感じの世界観。テイトウワのゲストボーカルの方が僕は好きです。
ということでバンドなテイストの最後2曲でかなりホッとしたのが正直なところ。
そのままステージ照明が落ちてBGMが入ってしまったから会場を出てしまったんだけれど、その後アンコールでChara曲をやったらしい。
しかもYUKIちゃんが見に来ていて最後は上のVIP席から降りてきていたみたい。見られずちょっと残念。

でも何だかんだ言ってCharaはやっぱり可愛くてカッコ良かった。
一緒に見てたマリひょんと近所の寿司屋に入りつつ、「うちらはポップに行こうな」と頷き合ったのでした。。。