Pocket
LINEで送る

NifmoのSIMカードが届く

そんな訳で、昨日発送通知が来ていたNifmoのSIMカードが届いていました。

中は簡単なガイドとSIMカードを含んだ名刺大の台紙的なカード。
ガイドには「@niftyスタートキット」なる書面が別送されると書いてあったんですが、そんなものはないw。
まあ@niftyのアカウント情報は登録時に表示されたものをコピーしてあるんで大丈夫ということにしておきます。

GL-06PにAPNを設定してみる

実際にSIMカードを入れるルーターは、ドコモの製品ではなく、イー・モバイルの「GL-06P」というモデルです。

モバイルルーターGL-06P

ヤフオクで入手したイー・モバイルのルーターGL-06P

今回のためにヤフオクにて送料込み4000円ちょっとで入手したものです。

最初はAtermか何かのルーターを買おうかと思ったんですけど、安いし限定されたバンドとは言えドコモのLTE回線も入るということなので、人柱的な意味も含めこれでいいかというところです。

セットアップ方法はMVNOナビ!というサイトの記事をほぼそのまま参考にさせてもらいました。

設定を終えて最初に起動した際は、3Gでしか接続できなかったんですが、都心とは言い難い多摩の高台なんで、仕方ないかというところ。電波も1本と2本を行ったり来たりですし。
それでも下りは4Mbps近くの速度は出ていたんで、MVNOとしては十分なパフォーマンスではないでしょうか。

Nifmo 3G接続での転送速度

LTEで接続できた

一旦ルーターを切断し、しばらく他の作業をしてから再度電源を入れてみたところ、今度はちゃんとLTEの表示が現れました。
それが先に出した写真です。

これは期待できると思って、再度速度を計測したところ、今度は下りで28Mbps!
Nifmo LTEでの接続速度

これはもう十分な速度ですね。

ということで、ひとまずの接続確認は無事に終わりました。

今度は昼間の混雑時間帯、都心で計測して見たいと思いますが、ここまでのところNifmoのSIMとイー・モバイルの隠れSIMフリールーターGL-06Pの組み合わせは全く問題ない様です。