Pocket
LINEで送る

mue@MANDA-LA2
もう終わってから1週間経ってしまったのが嘘のよう。
毎年恒例の4/11マン2ライブということなんだけれど、僕が見るのは3回目。
彼女の音楽キャリアの内僕は半分くらいしか知らないわけだけれど、その間に彼女の音楽は勿論サポートしてくれる人とのつながりもこんなにスゴいことになってたのねえ、と改めて感じずにはいられないライブ。
僕は録音のためにずっとMACに張り付いていたからライブに没頭というわけではなかったのだけれど、それでもちょっとぎこちなかったスタートから奈良さんが加わった頃から「温まる」という言葉が似合う空気になって、僕もいつの間にか心地好い緊張感と共にその場を共有してました。
後は緩急取り混ぜつつもいつもよりちょっとだけアッパー気味の展開で、ステージにはちょっとしたカオスを孕んだ小宇宙ができあがっていました。 mue@manda-la2 after hours
因みにバックメンバーの中でこの日は仙道さおりさんに一番目(耳?)が行きました。
目の前に座っていたからというのもあるけれど、もうねえ、以前Saigenjiのステージなんかで見た時よりずっと曲や周りの演奏にうまく入り込みつつ世界を広げつつ刺激も与えつつ、って感じでホント貫禄でした。年下とは思えませんわ。
mueの人柄も曲も気に入っていたようだし、また共演を見てみたいかも。
あと、この日配ったCDもホントに完成できてよかったです。
細かいことは省略しますが、完璧では決してなかった部分も含めて体は疲れたけれどとっても有意義なプロセスを経験できた気がします。感謝感謝。
ますます広がっているmueの中の宇宙。ホント見ていてワクワクするし、彼女なりのペースでどんどん進んで欲しいですね。
これからも応援していきたいと思ってます。