Pocket
LINEで送る

美恵ちゃんのお誘いで彼女が他のバンドで一緒にやっていた児玉薫ちゃんの参加するhoney sideを見に青い部屋へ。
行ってみると、対バンは何度もご一緒させてもらっているハープとギターのデュオユニットtico moonじゃないですか。これはラッキー。 このユニットはユッペがpercで参加する事もあるとのことだけど、今日はドラム・ベース付きのバンド編成(因みにユッペも見に来ていてちょっと久々に会った。mon bijoux音源の話も色々)。

ライブはかなり良かった。ピアノとボーカルで世界は十分できているのだけど、よりゴージャスになった感じ。
でもできればベースなし、ドラムの代わりにパーカッションっていう編成でも見てみたい気がした。
ちょっとベースの音がでかくてコードの響きがうまく聞こえなかったせいもあるのだけど。でもあのピアノスタイルだと、曲によってはベースが邪魔じゃないかな、多分。それか余程ベースが音域を考えて弾かないと。
だからデュオでやった曲がとても心地よかったりもしたし(といっても他の曲のベースの演奏自体は十分格好良かったので、その点は誤解しないで)。

薫ちゃんのボーカルもうまいだけでなくポップさがあって良いと思う。ステージングも彼女の人なつっこさ(って言うのかよく分からないけど。親近感を持てる雰囲気)が出ていていい感じ。後は歌そのもののオリジナリティをどこで出せるかかな。
それとユニットとしてはポップの枠の中で独自世界を目指すのか、ある程度キャッチーで分かり易いおしゃれさを取り入れてくのか、バランスの落としどころだろうなあ。適当におしゃれなバンドってたくさんあるからね。いずれにしても先が楽しみ。

個人的にはドラムベース無しで何故かフルートの他にビルフリゼルかアートリンゼイみたいなちょっと尖って、でも気持ちいいギターなんかが絡んだら面白そうなどと想像しながら見てました。
ああ他人事の意見ですみません。

で、フルートで参加していた柴田さん、どこかで会ったことがあるよな無いよな、と思って後で話してみたら黒船レディと以前クロコダイルで対バンだった「長澤孝子とJAZZ SUSPENDERS」のメンバーでした。やっぱり。

他にも、最後の出演ではマルディグラでYancyとやっている時に何度も遊びにきてくれていた山本隆太さんも出てたり。

世間の狭さを痛感した一夜という感じ。
皆さんにmon bijouxのCDを宣伝してきました。