Pocket
LINEで送る

会場に着いて雨が降っていなかったのはまずラッキー。
まず向かったのは加藤登紀子。
シャンソンの軽いオープニングを経てドラムのビートと共に始まったのは何と「Power to the people」。
客層を考えて普段やらないような選曲にしたのかも知れないけど、これでもうフェスの空気が会場全体に広がる。
パワーあるなあ。この人。
色んな国のビートの上で、ためらいなく「今の若い人たちに向けて送ります」って青臭く歌えてしまうこと、そして目の前にいるその「若い」客を包み込んでしまうだけの何かがある。
こんなに自由に歌われたらバンドは大変だろうな。バンマスの告井さん偉い!
最後の知床慕情。いい曲だ。
トミーゲレロで運転の疲れをいやしつつ、続いてOOIOO。
女の子(しかもみな小さい)ばかりで変態サウンドを繰り広げる光景はまさにシュール。
そしてきみちゃんの叩いてる中山うりちゃん。
美容師だから東京では火曜日しかライブをやらない彼女だけど、今日は特別。
アコーディオンを弾きながらジプシースイングをベースにした曲を歌う彼女は凛々しくてかっこいい。
きみちゃんエスニカで手抜いてるの(笑)?と思う位決まってる。いいね。
そして矢野顕子。
PAバランスが悪かったのが悔やまれるけど、初めて見る人が多いことを考えてかスーパーフォークソングから始まったて春咲小紅、PRAYER、ひとつだけ、とキャッチーな選曲。
まあどこでやろうがいつものあっこちゃん。
続いて細野さん。
アコースティックな編成でカントリーなカバー曲ばかり、ベースも弾かずでちょっと肩すかしをくらったのだけど、途中で矢野顕子登場!待ってました。
「終わりの季節」。僕が高校の頃初めて「矢野顕子ってすごい」と思った曲。しばらく矢野さんが作ったと思い込んでたこの曲を聞けただけでもう帰ってもいい(よくないけど)。
そして「相合傘」。今日初めての細野さんが弾くベース。
でも主導権を握ってるのは完全に矢野さんの方。
弾き語りの時よりややオリジナルに近いブルージーな彼女のピアノがめちゃくちゃかっこいい。
いやあ素敵なものを見た。
どうでもいいけどベースだけ若くてなんか見たことある?と思ったら弾いてるのキャラバンやってる伊賀君じゃん。すごい!
で、最後はフランツフェルディナンド。
若くてやんちゃなサウンドは確かにかっこいい。本人達の言う通り踊れるロック。でもやや雑かな。