Pocket
LINEで送る

岡崎京子の作品、実はほとんど持ってます。未発表作品読みたさにCUTIE COMIC(だっけ?)買ったこともある位ですが、そういうのも今ではほとんどどこかの単行本に収録されてて。
出尽くしたかと思っていたらまだ未発表の作品があったみたい。
というわけで「秋の日は釣瓶落とし」
ちなみにもともとの意味は・・・
秋の日は釣瓶落とし. 「釣瓶(つるべ)」=井戸の水を汲み上げる、縄の付いた桶. ”釣瓶は、手から縄を放すと勢いよく井戸の底に落ちていくことから、 秋の日は暮れ始めたら速くてすぐに日が落ちて真っ暗になる・・というたとえ”
だそうです。確かにそういう印象ですねえ。暗くなるのが毎日早くなってる感じするもの。
11月中に出るそうなんで興味のある方は是非!