Pocket
LINEで送る


チェロの歩さんがブログで紹介していた「ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実」という本なんですが、
ジェフ・エメリックというビートルズの中後期にレコーディングエンジニアをやっていた人の回想録でして。

これスゴい!メチャクチャ面白い!
レコーディングに関わっていてor興味があってビートルズのサージェントペッパーズやアビーロードなんかで「あのサウンドかっこいい」と思える全ての人にオススメです。

ちょっと高いし分厚いけど、読み始めるとぐいぐい進んでしまう本です。
ビートルズのプロデューサーとして有名なジョージ・マーティンとの関係やその役割の違い、
Let it beのミックスで有名なアラン・パーソンを毛嫌いしていた話、
それにビートルズの各メンバーについての描写も興味深く、それだけでも楽しめます。
かつものすご〜くマニアックなマイキングやミックス段階での各処理(コンプとか)の話など、
レコーディングというものがどう進んでいくのか、どうやって音源という形で音楽ができていくのか、
そこにエンジニアがどう関わっているのか、実作業の詳細から気持ちの面での関わり方まで
色んな角度からこのジェフ・エメリックという人の貢献が再発見できます。

で思ったんですが、
やっぱりレコーディングやミックスのエンジニアリング作業は
マゾ気質があって我慢が好きな人じゃないと向いてないです。
実体験でもそう思うし、この人の本を読んでやっぱりという感じでした。。