Pocket
LINEで送る

フォノジェニコのミニアルバムです。
僕が手伝ってた頃からやってる懐かしい曲も色々入って、メジャーデビュー序盤戦の総まとめという感じでしょうか。
ナヨコのボーカルがとても心地好く聞けます。
木村カエラと続けて聞くとサウンドの違いが際立ちますね。
こちらはピアノ、エレピサウンドが前面に出ていてエレキギターがほとんど目立たず、高井さんのベースもウッド比率高し、ってことで耳に優しいサウンドです。
自主盤の時から続くさやかちゃんのイラストも好調でスミからスミまでさやかテイストです。

僕が以前録音したこともある「ねがいごと」。
今回の録音を比べて聞くとボーカルにはやっぱりいいマイク使いたいなあと思ってしまいますねえ。
勿論ミックスの技術もあるのは分かってますが、元の質感でノイマン(だろうなあきっと)とは差が出ます。やっぱり。