Pocket
LINEで送る

機材としてまずマイクから挙げてみましょう。
なんだかんだ言って結構溜まりました。 ・NT2000(rode):
一番今活躍しているコンデンサーマイク。
指向性が無段階に変えられて、ハイパスフィルターも可変型。
音も抜けが良くて、でもギラギラしていない。一番使うのはボーカルか。
難点は重いのでスタンドが貧弱だとすぐ位置が落ちてきてしまう事。

・NT4(rode)
ステレオマイクが欲しくて買ったコンデンサーマイク。
これも結構使う。特にドラムのヘッド録音やコンガなんかに。
後はピアノもこれで結構いける。
割と癖がないように思う。NT2000ほどレンジが広い感じはしないけれど、まあ特に問題なし。
電池を入れるとMD用のマイクとして使う事もできる。

・NT1(rode)
これは最近ほとんど使わない。これしかない時はいいと思っていたけれど、ハイがきつめでローもボンと出てしまうからEQで調整が必要な事が多い。
アコギは割といけると思う。

・C451(AKG)
かなり癖はあるけれど、アコギのカッティングやハットなんかはEQなしでそのまま使える良い音が取れる。シャキンとした音。ヤフオクで3本くらい出品されていて、1本だけ入札したけど2本で買っておけばよかったと後悔している。

・SM57(Sure)
レコーディングよりもライブの方がよく活躍しているかも。唯一持っているダイナミックマイク。
これはライブハウスでもよく使っているからみんな知っているでしょう。
これをARTのMP3チューブプリにつなぐとパーカションなんかが使い易い音で録音できる。
後ギターのアンプ録音はこればっかり(他を試す余裕がないというのもあるけど)。

・ATL290(Audio Technica)
まだ使った事のないボーカル用コンデンサーマイク。
一見ダイナミックマイクに見える。ライブで使えるコンデンサーマイクが何か欲しくてヤフオクを物色中に発見。
どんな音か楽しみ。

rode比率が高い気がしてしまうけど、NT1はほとんど使っていないから後はコストパフォーマンス重視ながらそれなりにバランスを気にして持っているつもり。
因みに大半がヤフオクでの入手。
次に欲しいのはクジラかな。