Pocket
LINEで送る

正式なタイトルは多分無いんだと思うけどここでみずきの既発音源の時の制作環境を紹介。

時期的にはかなり最近で、2004年6月の録音(だったと思う)。
限りなく非公式版に近くて、僕はジャケットやケースに収まっているのを見た事がなかったりする。
欲しかったら言って下さい。5曲入り600円と破格です。
マルディグラでのライブをそのまま録音し、オーバーダビングはしてません。 ■H/W (録音時)
・PC: Apple iBook G4(1Ghz/768MB/OS 10.2)
・Audio I/F: MOTU 828MK2
・Keyboard: YAMAHA CBX-K1
・MIDI 音源:KORG XD-5
・PreAmp:ART V3、SunsAMP、M-Audio DUO
・Mic: Rode NT-1、NT-4、Sure SM-58、Sure SM-57、AKG C-451、
・Headphone: Sony MDR-7506
■H/W (編集時)
・PC: Apple POWERMAC G4(1.25Ghz/10248MB/OS 10.2)
・Audio I/F: MOTU 828MK2
・DSP Engine:TC PowerCore PCI
・Headphone: Sony MDR-7506

■S/W
・DAW: Logic Pro 6.4.1
・Plugin: Logic内蔵プラグイン、WAVES Native PowerPack(L1 Limitter/C1 Compressor/S1 Stereo Imager)、PowerCore(Voice Strip)

この録音のポイントはとにもかくにもライブ録音ということ。
これもマルディグラのPAを勝手にいじれる立場にある(というか勝手にいじってるだけですが)からこそできる技。
中でもトピックとしては、ボーカルマイク(店のSM-58)を一旦828MK2に入れ、そのSend Outから店のPAに入れるという技。これは828だからこそできた。

その他は記憶によれば
・Piano・・・SM-57を1本で収音→828のマイクイン
・A.Guitar・・・SansAMPにダイレクト→828のラインイン
・E.Guitar・・・吉永氏所有プリアンプ→828のマイクイン→Send Out
・ドラムヘッド・・・NT-4からDUO→828のラインイン
・ハット・・・AKG C-451→ART V3
・キーボード・・・KORG XD-5→828のマイクインにダイレクト
だったかな。

とにかく、自分で演奏しながらMacも触って録音したからもうドタバタだった記憶が。
でも雰囲気は出てるしそれなりに気に入ってます。
ライブ録音もマルディグラならなんとか成立するなという感触をつかんだ作品です。