Pocket
LINEで送る

某バンドのミニアルバムのミックスを急遽依頼され、たまたま空いていた(徹夜含む)1日半くらいの間で2mixに仕上げました。
それがProToolsからのデータだったわけですが。
一応ラフミックスみたいになってる曲もあったんですけど、プラグインの構成が違っていてバランスも結局よー分からんという感じでほぼ0から組み始めました。
オーディオデータが一部足りず僕の家でコーラスを録音したりもしました。
色々ドタバタで追われたのがラッキーという感じ。

普通は何回かメンバーそれぞれが自宅で聞いたりしてやり直していくところを、修正1回のみで仕上げるというかなりタイトな作業でしたけど、逆に潔く作業できたところもあり、まあそれなりによいものが出来たのではないでしょうか。
今回はマスタリング工程は別の人なんで、どんな仕上がりになるか僕も実は楽しみです。

詳細をお伝えできる段階になったらまた書きますね。

ちなみに最近はWAVESのRenaissance Compressorがお気に入りで今回も含めよく使ってます。
これをうまく使うとそれぞれのパートの存在感がかなりちゃんと出てきます。
Logicのコンプもプリセットがたくさんあって使いやすいんですけど、Renaissance Compressorの質感の方が荒れがなくていいですね。